12月1日のアジア・ウィンターリーグでは、黒田響生選手が3安打! 試合は打撃戦で、引き分けました。

アジア・ウィンターリーグでは、12月1日も、

巨人選手の所属する【NPB白】チームが試合をしています。

 

本日の先発は、大江竜聖投手

1回は無失点の上々の立ち上がりでしたが・・・2回、3回と捕まってしまいました。ホームランを2本打たれ、2回に4点、3回に1点を取られ、計5点を失いました。

大江竜聖投手は、その後も投げ続け、結局、7回3分の2イニングを投げ、被安打7、与四死球3、5失点という成績でした。

4回から7回までしっかりと抑えましたが、序盤の大量失点が残念ですね。

なので、ブログのタイトルに大江竜聖投手の名前を記載することはできませんが・・・それでも通算防御率は2.63なので、大会全体で考えると、今のところまずまずの調子ではないかと思います。

そして。

打撃陣では、2番セカンドでスタメンだった黒田響生選手が活躍しました!

5打数3安打で1得点でした。通算打率.294まで上げてきましたね!

秋季キャンプで阿部2軍新監督に鍛えられていましたので、その成果が出ているように思います。

※ジャイアンツ球場で練習する黒田響生選手です。

 

※タマスタ筑後での黒田響生選手です。

 

それから一つ気になっているのが。

1回に盗塁した山下航汰選手が、2回に交代してしまったことです。

何でもないことを、強く祈っています。

※12月6日追記

右足の負傷のため、帰国しました。軽傷のため、春季キャンプなどへの影響はないようです。

 

そして、もう一つ。

加藤脩平選手の調子が上がってきませんねぇ。

強肩好守の加藤脩平選手の課題は、やはりバッティングだと思いますので、何とか結果を出してほしいところです。

ジャイアンツの各選手の状況については以上です。

 

試合については、7対7で引き分けました。

巨人選手が所属するNPB白チームは、これで2勝5敗1引き分けとなり、6チームの中で最下位です。

チーム打率が.256で全体4位、チーム防御率が4.96で全体5位となっており、とくに投手陣の奮起が望まれるところです。

まあ、ウィンターリーグでは勝利至上主義になる必要は無いとは言え、やはり勝てているチームは選手の成績もよいでしょうから、もう少し頑張る必要がありますね。

同じNPBから派遣されているNPB紅チームが首位を快走していますので。。。

頑張ってください!

ちなみに、ジャイアンツ球場での試合は、日テレG+で視ることができますよ! G+を視るならば、【スカパー!】お申込みから約30分で見られます!

そして、1軍の試合ではありますが・・・

テレビ、スマホでも楽しめる【DAZN】で巨人戦を観戦できますよ。まずは、【DAZN】初月1ヶ月無料お試しから!

 

コメント