久々に【米国株式相場】について。下落相場で株式購入するのは至難と実感。

ご存じのとおり、2月20日頃より【米国株式市場】が激しく下落しました。

NYダウは、2020年2月12日に29,568.57ドルを付けた後、10日間程度29,000ドル台を維持していましたが・・・

次の1か月間で何と11,354.92ドルも下げ、18,213.65ドルを付けました。40%近い下落となりました。

その後は漸増し、4月21日時点の終値は23,018.88ドルとなっていますが、直近は原油価格下落の影響で下げているといった感じです。

この下落局面で株式を購入しようという方が激増したとのニュースを目にしましたが、、、

いや~、下落相場で株式購入するのは至難ですね。

 

とにかく、どこまで下げるか全くわかりませんので・・・

私の場合は、SPYDを購入していきましたが、買付け余力が無くならないように、できるだけ少額に刻んで購入しようとはしましたが、最安値の20.79ドルを付ける前の、30ドル超えのタイミングで多くを購入してしまいました。

正直なところ、SPYDETFなので、ここまで価格変動率(ボラリティ)が大きいとは思いませんでしたので、39.90ドル→20.79ドルまで下げるとは思いませんでした。

4月21日時点では、25.42ドルとなっており、多分まだまだ買い時だと思われるので、今後も少しずつ購入しようとは思いますが。。。

よりボラリティが小さく、かつ配当率が高めなHDV(iシェアーズコア米国高配当株ETF)辺りも購入していこうと思っています。

この他だと、石油関連株式の下落幅が大きく、購入に踏み切りたかったのはヤマヤマですが、あまりに下落幅が大きく、また将来的にどうなるか予測が付きにくいため、少ししか購入できませんでしたね。

今回の株式大幅下落を踏まえて思うのが。。。

長期的な視点を忘れないことです。

 

今回の場合だと、3, 4月に一気に購入してしまうのではなく、  ―――いつもより多めに購入しても良いとはいえ、―――  5月以降のことも考えながら、できるだけ平坦な気持ちで毎月購入し続けるのが良いのかな、と感じます。

これが難しいのですけどね。

最安値で購入するのは至難ですので、安値の頃に購入できてラッキーだった、というくらいの気持ちで投資していくのが良いのかな、などと考えています。

今回は以上です。

魅力溢れる【SBI証券!】まずは資料請求から!!

SBI証券[旧イー・トレード証券]

株式投資
kazuをフォローする
【米国株式投資】【ライフスタイル】【ジャイアンツ(巨人)】情報ブログです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました