プロ野球

フェニックス・リーグが終りました。巨人の「伸び盛り選手」たちのご紹介! 井上温大、横川凱投手、山瀬慎之介、ウレーニャ選手など。

11月29日、宮崎県の各球場で行われていた フェニックス・リーグが終りました。 巨人は、全17試合で【7勝8敗2引き分け】という結果でした。真ん中辺りの成績、可もなく不可もなくといった感じの成績でしたね。 さて。 こ...
プロ野球

巨人期待の若手【山下航汰】【直江大輔】選手が自由契約→育成契約へ! なかなかに厳しいですね・・・

11月19日、巨人は、 山下航汰、直江大輔選手を自由契約→育成契約にすると発表しました。 ※正確に言うと、自由契約は通知されましたが、育成契約を打診中のようです。 原辰徳監督は日頃、「怪我などで試合に出られない選手は、職場...
プロ野球

11月8日より【フェニックス・リーグ】が開幕となりますが・・・山下航汰選手がいませんねぇ。松井義弥選手は選ばれています。

2020年のセ・リーグは巨人が優勝し、今は日本シリーズに向けての戦力見極め・調整期間と言えそうですね。 ただ、最近の巨人はあまりに打てなくて勝てない状況が続いており、大丈夫かいな、などと思ってしまいますね。。。 そんな中、 ...
プロ野球

今年は9月いっぱいで支配下登録期限が切れますが・・巨人の「あと1枠」は誰が上がるのでしょうか? 候補者を挙げてみました。

2020年のプロ野球は、開幕が遅れたこともあり、選手の支配下登録期限が9月いっぱいとなっています。 そして、9月13日時点のジャイアンツの支配下登録選手は69名で、あと1枠空いている状況です。 あと1枠をどうするかは不透明とは言...
プロ野球

吉川尚輝、坂本勇人、丸佳浩選手らの調子が上がってきた「ジャイアンツ」!【開幕時】のオーダーを(ほぼ)復活させるかも??

9月13日の試合で7連勝となったジャイアンツ。 好調の要因の一つとして、坂本勇人、丸佳浩、そして吉川尚輝選手の調子が上がってきたことも大きな要因ですね。特に吉川尚輝選手については、ここ6試合で20打数11安打、打率.550という圧巻の...
プロ野球

9月6日の巨人3軍の試合では【松井義弥】選手がスタメン、【山下航汰】選手が代打出場! 徐々に調子を上げていって欲しいですね!

巨人3軍は、9月6日も引き続き、 関西独立リーグ選抜との試合でした。 本日の巨人3軍のスタメンは次の通り。 1.中 加藤壮太 2.二 平間 3.遊 増田陸 4.指 加藤脩平 5.一 伊藤 6.三 菊田 7.右 松井 ...
プロ野球

【山下航汰選手】の再復帰! 【松井義弥選手】の復帰、【谷岡竜平投手】の登板など見所の多い「巨人3軍」の試合がありました!

2020年9月6日(土)の巨人3軍の試合、すなわち、 【巨人3軍-関西独立リーグ選抜】の試合 は、見所の多い試合でした。 それは・・・ まずは。 2020年のシーズン開幕前(5月20日)に右手有鈎骨を骨折後、長いリハビ...
プロ野球

巨人の層が厚く感じる一因は【ユーティリティ・プレーヤー】の多さではないでしょうか。増田大輝、岡本和真、ウィーラー、吉川尚輝選手などなど

先週のブログで、先発陣、打撃陣の不安について書かせて頂きました。 が、 8月25日からの6連戦では打線が好調、投手陣については直江大輔投手の好投、サンチェス、メルセデス投手の復帰が見込まれるということで、少しずつ不安が解消されて...
プロ野球

調子の上がらない【巨人打撃陣】ですが、少しずつ光明が見えてきています。丸佳浩、松原聖弥、モタ、小林誠司選手たち。

ここのところ打撃陣の不振が深刻な【巨人】。 投手陣が踏ん張った試合は勝ち切ることができており、何とか5分5分に近い成績を維持していますね。 ここら辺りが試合巧者とは言えますが・・・ やはり打撃陣の不振が深刻です。 坂本勇人、...
プロ野球

調子の上がらない【巨人先発陣】ですが、今は我慢の時。新戦力、故障から復帰する「投手」が続々と現れています! 直江大輔、サンチェス、高橋優貴、ディプラン投手たち。

7月18日からの6連戦では、阪神に3連勝したかと思えば、広島に3連敗してしまった【巨人】。 トータルで見ると3勝3敗なのでまずまずといった成績なのですが・・・ここのところ停滞気味とは言えるかと思います。 その要因は・・・ 先発...
タイトルとURLをコピーしました