巨人ファン(=ビジター)のための【ナゴヤドーム】でのプロ野球観戦ガイド -「アクセス方法」と「おすすめの座席」編-

4月9日、名古屋ドームで行われた、

【巨人-中日】戦を観に行きました!

 

そこで今回は、巨人ファンのための【ナゴヤドームでの観戦ガイド】を書かせて頂きます。

「ナゴヤドームへのアクセス」「おすすめの座席」編です!

ナゴヤドームへは、JR名古屋駅からだと、地下鉄:東山線、名城線を乗り継いで「ナゴヤドーム矢田」駅で降り、その後徒歩5分くらいで行けます。

また、JR大曾根駅から徒歩15分程度で行くことも可能です。

ここでは、地下鉄「ナゴヤドーム矢田」駅からナゴヤドームへの道をご紹介します。

駅からは標識に従って行くことで、迷うことは無いと思います。ずっと広くて綺麗な通路を歩いていきます。

5分くらい歩くと、右手にイオン、左手にナゴヤドームが見えてきます。

ドームの姿が見えると、ワクワクしますよ!

さて、ナゴヤドームに着くと。

地下鉄で行くと、「北チケット売り場」「ゲート2」辺りに着きます。

多分、どこの球場でもそうでしょうが、手荷物検査をし、チケットにハンコを押してもらい、入場します。

ナゴヤドームは、5階建て構造です。

そして、ゲート2から入ると、2階に入ることになります。

2階では、グルメ、グッズショップが充実していますよ。

中日のグッズ売り場のすぐ隣に、巨人のグッズが置いてあり、結構驚きました。グッズ売り場は繁盛していました。




ナゴヤドームで、ビジター観戦する場合、

ビジター内野応援席、ビジター外野応援席の2種類が一般的です。

まず、

ビジター内野応援席について

ビジター内野席は、「内野」とは書いてありますが、レフトポールのすぐ近くにあります。

私も今回、こちらの席で観ました。

入場は、3階に上がってから係員にチケットを見せて入ることになります。

観客の入りは、半分くらいといったところでしょうか。

ちなみに、こちらの席では立って観ることはできず、座って観戦することになります。

料金は、一般が 3,900円で、こどもが2,000円です。

 

ビジター外野応援席について

一方、ビジター外野席は、レフト側外野(レフトポール寄り)にあります。

こちらは満員でしたねぇ。当初はこちらのチケットを取ろうとしましたが、取れませんした。立ち上がって応援できる席であり、人気が高いのでしょうね。

料金は、一般が 1,900円で、こどもが500円です(プレミアムとかバリューの設定があるようです。詳しくは分かりませんが。プレミアムだと100円高く、バリューだと100円安くなります)。

それから。

よ~く見てみると、3塁側内野席には巨人のユニフォームを着た人が結構います。なので恐らく、3塁側内野席(内野A、内野B辺りです)でも巨人の応援はできそうです。

※中日のユニフォームを着た人もチラホラといますので、ビジター・ホーム混在と言った形となります。

こちらは、さらに内野寄り(3塁側内野S?)ですが、ご覧の通り、巨人ファンの人がいます(もちろん、そうでない人もいます)。

さて。

4月9日の試合では、ビヤヌエバ選手が2本、ホームランを放ちました。

いずれもレフトへのホームランだったので、すぐ近くにボールが飛んできて、テンションが上がりましたよ!

特に2本目のホームランは、滞空時間が長く、レフトポールに近い、ビジター内野席とビジター外野席の境界付近に飛び込んできました。

そして、ゲレーロ選手もレフトポール・ギリギリの大きなファールを打ち込みました。ビジター内野応援席に飛び込みましたよ。私の席から3メートルくらい離れた辺りに飛んできました。

ゲレーロ選手のファールはともかく、ビヤヌエバ選手のホームランの時は、隣り合った両ビジター応援席は大盛り上がりでした。

こんな感じで、みんながタオルを振って、すごかったですよ!

最後に。

ナゴヤドームならではの、気になった点です。

ストライク、ボール、アウトのランプが付くタイミングが少し遅いです。アンパイアのジェスチャーで、何となく判定は分かるとは言え、やはり他球場のように、すぐに判定ランプを付けて欲しいと思いました。

また、スピードガン表示は、少しだけ速めに表示されているかも、と思いました。巨人:山口投手の速球が152キロ表示されましたけど・・・マツダスタジアムでのオープン戦では、せいぜい145キロでしたよ。公式戦に入ってギアを上げたと言えるかもしれませんけど、ここまでは速くなかったような気がします。中日の大野投手も152キロ、リリーフのピッチャーも150キロ近辺のスピードを出していましたけど、そこまで速いのでしょうかね。

3キロくらい速めに表示されているように感じました。まったくの主観ですけどね。

今回は以上です。

球場内のグルメなどについては、また別のブログで紹介しようと思います。



☆巨人ファンのための、

【ナゴヤドーム】観戦ガイド記事はこちらです!

巨人ファン(=ビジター)のための【ナゴヤドーム】でのプロ野球観戦ガイド -「アクセス方法」と「おすすめの座席」編-
4月9日、名古屋ドームで行われた、 【巨人-中日】戦を観に行きました! そこで今回は、巨人ファンのための【ナゴヤドームでの観戦ガイド】を書かせて頂きます。 「ナゴヤドームへのアクセス」と「おすすめの座席」編です! ナゴヤドー...
巨人ファン(=ビジター)のための【ナゴヤドーム】でのプロ野球観戦ガイド -「チケット取得」「グルメ・グッズ」編-
4月9日、名古屋ドームで行われた、 【巨人-中日】戦を観に行きました! そこで今回は、巨人ファンのための【ナゴヤドームでの観戦ガイド】のうち、「チケットの取得」と「グルメ」編について書かせて頂きます。 まずは、...
【ナゴヤドーム】でアツく巨人(=ビジター)を応援する席!「ビジター外野応援席」についてご紹介します。
先日、 【ナゴヤドーム】「外野ビジター応援席」で 【巨人-中日】戦を観戦しました! ナゴヤドームには、巨人ファン用の座席(=ビジターチームのファン)として、「外野ビジター応援席」と「内野ビジター応援席」の2種の席が用意されてい...
【ナゴヤドーム】では、巨人(ビジター)の「グッズショップ」も充実していますので、詳細をご紹介します!
今回は、 【ナゴヤドーム】のグッズショップについてご紹介します! まずは、ナゴヤドーム外のショップです。 グッズショップPrisma Club(プリズマクラブ)があります。 プリズマクラブは、ドームの1塁側の外辺りに...
【ナゴヤドーム】での3塁側《内野SS、S、A、B席》からの「眺め」「巨人ファン(=ビジター)の割合」についてのご紹介です!
【ナゴヤドーム】の内野席には、内野SS、内野S、内野A、内野B席の4種類があります。 今回は、各々の席からの眺め、料金、巨人ファン(=ビジターファン)の割合についてご紹介します。 ご参考になれば幸いです。 ...
【ナゴヤドーム】でのビジター(巨人)席《ビジター内野応援席》と《ビジター外野応援席》の「違い」と「おすすめポイント」のご紹介です!
【ナゴヤドーム】には、ビジター用と名付けられた席が2種類あります。 すなわち、 《ビジター外野応援席》と《ビジター内野応援席》の2種類があります。 この2種類の席は、場所が隣り合っています。 まずは、《ビジター外野応援席...
8月7日、ナゴヤドームでの【巨人-中日】戦を「ビジター外野応援席」で観戦! メルセデス投手の好投、丸佳浩、阿部慎之介選手がホームラン、若林晃弘選手のタイムリーで巨人が勝利!
8月7日、ナゴヤドームへ、 【巨人-中日】戦を観に行きました! 今回は、ビジター外野応援席での観戦でした。 レフト席の真っ只中の席でした。 周りの人々はほぼ全て巨人のユニフォームを着ていて、オレンジのタオルを持ってい...
8月21日、ナゴヤドームでの【巨人-中日】戦を「内野S席」で観戦! 菅野智之投手が粘投! 丸佳浩、岡本和真選手ら中軸が活躍し快勝!
8月21日、ナゴヤドームで開催された、 【巨人-中日】戦を観戦しました! 当日の先発は、菅野智之投手。 今年の菅野智之投手は不調だと言われながらも、試合前まで9勝5敗と巨人の中で2番目に勝っているのですから、大した...

スタジアムに行けない場合は?

無観客試合、チケットの入手が困難、忙しい、などの理由でスタジアムに行けない場合もありますよね。そんな場合は、スマホやタブレット巨人の試合を見られる動画サービスを検討してみてはいかがでしょうか?

Hulu(月額1,026円で視聴可能です。安価です。ただし、巨人主催試合のみです)やDAZN(とくに、ドコモユーザーにおすすめ)がおすすめですよ。

今なら、Huluを2週間無料でお試し視聴できますし、【DAZN】初月1ヶ月無料お試しできます。

よろしければ、まず無料でお試し視聴されてみてはいかがでしょうか?

もちろん、ご自身に合わなければ、途中で解約も可能です。

また、以下の記事で動画サービスを比較していますよ。

ジャイアンツ(巨人)の試合を観るならば! おすすめの【動画配信サービス】はこちらです!(サービス比較表付き)
2020年のプロ野球が、6月19日に開幕しました。 何とか無事に開幕しましたね! ただ、当面、 無観客で試合が行われることとなりました。 球場に行けないならば、テレビで観戦すると良いかもしれませんが・・・年々、地上波...

ご参考になれば幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました