8月7日、ナゴヤドームでの【巨人-中日】戦を「ビジター外野応援席」で観戦! メルセデス投手の好投、丸佳浩、阿部慎之介選手がホームラン、若林晃弘選手のタイムリーで巨人が勝利!

8月7日、ナゴヤドームへ、

【巨人-中日】戦を観に行きました!

 

今回は、ビジター外野応援席での観戦でした。

レフト席の真っ只中の席でした。

周りの人々はほぼ全て巨人のユニフォームを着ていて、オレンジのタオルを持っていましたよ。

スタンド中段辺りの通路に応援団の方々がいて、試合開始前から熱気に溢れていました。

ちなみに、ここからはセンターのスコアボードはよく見えませんでした。とくに、巨人の選手のデータが見えませんでしたね。

 

さて、当日の巨人の先発は、メルセデス投手

試合前まで6勝6敗という成績です。ここら辺りから調子を上げていってほしいですね。

そしてスタメンは、1番から、ライト亀井、ショート坂本勇人、センター、レフト岡本、ファースト阿部、サードビヤヌエバ、キャッチャー大城、セカンド若林、ピッチャーメルセデス選手でした。

6、7月と比べ、大城選手がやや調子を落としている中、5番打者をどうするかが課題の一つでしたが、阿部選手の5番スタメン起用は適切だと思うし、嬉しいですね。

 

さて、試合は。

 

3回まで投手戦でした。何と、両チームともノーヒットでしたよ。

そして、4回、センター前ヒットで出塁した岡本和真選手が、大城卓三選手の浅~いセンターフライで、タッチアップしました。

すごく微妙なタイミングでしたが、岡本選手がうまく回り込んでホームベースにタッチし、1点先制です!

中日より判定リクエストがあり、結構長い時間中断しましたが・・・判定通り、セーフでした。

審判協議中に、こんな感じで何度もビデオが流れましたよ。

セーフと判定された後、ビジター応援席ではオレンジタオルを回しながらの大歓声でした!

 

ちなみに、上述の通り、バックスクリーン表示がしっかりと見えなかった代わりに、アウトカウント等についてはバックネット側のスコアボードを見ていました。球速なども表示されますので、まあ、情報不足ということはありませんでした。

ご覧の通り、4回終了時点で、先攻の巨人が1安打で1点、後攻の中日がノーヒットで0点です。

 

そして5回、2アウトランナー無しから、坂本選手が四球で出塁後、丸佳浩選手のホームランが飛び出しました!

打球が低かった(=ライナー性)ので、フェンス直撃かな、と思いましたが、最前列に飛び込みました。

レフトからは遠すぎて、ベンチ前での丸ポーズまでは見えませんでしたね。

そして、続く岡本選手の左中間を破る2塁打の後、今度は阿部選手がホームランを放ちました。丸選手同様、ライナー性の打球でしたが、前列に飛び込みました。

5回表に、4点追加で、5対0と巨人リードです。

5回裏、丸選手がセンターの守備位置についた際、レフトビジター席より丸コールを行ったところ、丸選手は帽子を取って丁寧にお辞儀してくれました。マツダスタジアムで観たときと言い、丸選手は礼儀正しく、たいへんに好感の持てる選手ですね。

一方、メルセデス投手は、4回までパーフェクトピッチングで、5回に1死球与えたもののノーヒット・ノーランペースでした。

ストレートの球速は、140キロ程度なのですが、コントロールが良く、ナイスピッチングです。

 

ところが6回裏、当たり損ねのボテボテの打球が不運な内野安打となってから、様相が変わりました。

ライト前ヒット、レフトへの犠飛で1点を返された後、死球を与えるなど、メルセデス投手が突然乱れてしまいました。

2アウトを取ったところで、巨人は鍵谷陽平投手にスイッチです。

鍵谷投手は、このところ安定したピッチングをしてくれていますので、この痺れる場面での登場です。

が。。。

中日4番のビシエド選手が打った、一見平凡なライトフライで、亀井選手の守備位置が深かったためか、ポテンヒットとなってしまい、2点追加となってしまいました。

 

この時点で5対3の2点差となってしまいましたが・・・

鍵谷投手は、後続の中日:阿部選手を見事三振に抑え、この回3点までに抑えました。

結果的にタイムリーを打たれたものの、ナイスピッチングと言って良いと思います。

それにしても、快調に飛ばしていたメルセデス投手が突然乱れました。良い当たりは、1本だけだったのですがね。ちょっとツイていない気もしました。

 

そして7回表、巨人は2アウト1塁から、粘り強く繋いで、2アウト満塁とし、7番若林晃弘選手を迎えました。

若林選手は、得点圏打率が低いことが課題とされていますが、この回は粘りに粘って、結果、レフトへの3塁打となり、走者一掃し3点を入れ、中日を突き放しました!

レフトへの辺りは微妙で、ノーバウンドかワンバウンドかのギリギリの所だったのですが、少しだけ迷いながらチャージしたレフト:アルモンテ選手が後ろにそらした結果の3塁打でした。

とは言え、若林選手の当たりは良かったですよ。守備がうまく行けばシングルヒットかな、といった打球でした。

さらに若林選手に続く、代打ゲレーロ選手もレフト前にタイムリーヒットを放ち、巨人はこの回一気に4点を上げました。

9対3と、巨人はリードを広げました。

 

そして結局、巨人は後を継いだ澤村、中川、宮國投手がそれぞれ1回を無失点とし、結局、

9対3で巨人が勝利しました!

 

最終的には6点差がついた試合でしたが、序盤は僅差でしたし、6回には2点差となったりで、良い試合でした。

 

当日のヒーローインタビューは、メルセデス選手でした。

インタビュー後、レフトスタンドに向けて、万歳してくれましたよ!

そしてその後。

試合に勝った際は、レフトビジター席では、延々と応援歌などを歌ったり、大盛り上がりとなりました。

15~20分くらい大盛り上がりでしたよ!

ビジターでの応援が終了すると、スタンド内の照明が少し暗くなりました。係員さんも待ってくれていたのですね。

 

いや~、それにしてもドーム球場での試合は、涼しく身体にやさしいし、巨人も勝利して大満足でした!

 

当日の入場者数は、32,313人ということで、ご覧の通り、上の方にはチラホラと空き席がありました。

当日券も数千枚売っていたようですし、

今後の試合も、まだチケットが取れる試合もあるようです。

快適な環境のナゴヤドームでの観戦は、超おすすめですよ!

 

☆巨人ファンのための、

【ナゴヤドーム】観戦ガイド記事はこちらです!

巨人ファン(=ビジター)のための【ナゴヤドーム】でのプロ野球観戦ガイド -「アクセス方法」と「おすすめの座席」編-
4月9日、名古屋ドームで行われた、 【巨人-中日】戦を観に行きました! そこで今回は、巨人ファンのための【ナゴヤドームでの観戦ガイド】を書かせて頂きます。 「ナゴヤドームへのアクセス」と「おすすめの座席」編です! ナゴヤドー...
巨人ファン(=ビジター)のための【ナゴヤドーム】でのプロ野球観戦ガイド -「チケット取得」「グルメ・グッズ」編-
4月9日、名古屋ドームで行われた、 【巨人-中日】戦を観に行きました! そこで今回は、巨人ファンのための【ナゴヤドームでの観戦ガイド】のうち、「チケットの取得」と「グルメ」編について書かせて頂きます。 まずは、...
【ナゴヤドーム】でアツく巨人(=ビジター)を応援する席!「ビジター外野応援席」についてご紹介します。
先日、 【ナゴヤドーム】「外野ビジター応援席」で 【巨人-中日】戦を観戦しました! ナゴヤドームには、巨人ファン用の座席(=ビジターチームのファン)として、「外野ビジター応援席」と「内野ビジター応援席」の2種の席が用意されてい...
【ナゴヤドーム】では、巨人(ビジター)の「グッズショップ」も充実していますので、詳細をご紹介します!
今回は、 【ナゴヤドーム】のグッズショップについてご紹介します! まずは、ナゴヤドーム外のショップです。 グッズショップPrisma Club(プリズマクラブ)があります。 プリズマクラブは、ドームの1塁側の外辺りに...
8月7日、ナゴヤドームでの【巨人-中日】戦を「ビジター外野応援席」で観戦! メルセデス投手の好投、丸佳浩、阿部慎之介選手がホームラン、若林晃弘選手のタイムリーで巨人が勝利!
8月7日、ナゴヤドームへ、 【巨人-中日】戦を観に行きました! 今回は、ビジター外野応援席での観戦でした。 レフト席の真っ只中の席でした。 周りの人々はほぼ全て巨人のユニフォームを着ていて、オレンジのタオルを持ってい...
8月21日、ナゴヤドームでの【巨人-中日】戦を「内野S席」で観戦! 菅野智之投手が粘投! 丸佳浩、岡本和真選手ら中軸が活躍し快勝!
8月21日、ナゴヤドームで開催された、 【巨人-中日】戦を観戦しました! 当日の先発は、菅野智之投手。 今年の菅野智之投手は不調だと言われながらも、試合前まで9勝5敗と巨人の中で2番目に勝っているのですから、大した...

スタジアムに行けない場合は?

無観客試合、チケットの入手が困難、忙しい、などの理由でスタジアムに行けない場合もありますよね。そんな場合は、スマホやタブレット巨人の試合を見られる動画サービスを検討してみてはいかがでしょうか?

Hulu(月額1,026円で視聴可能です。安価です。ただし、巨人主催試合のみです)やDAZN(とくに、ドコモユーザーにおすすめ)がおすすめですよ。

今なら、Huluを2週間無料でお試し視聴できますし、【DAZN】初月1ヶ月無料お試しできます。

よろしければ、まず無料でお試し視聴してみてください。

以下の記事で、動画サービスを比較しています。

ジャイアンツ(巨人)の試合を観るならば! おすすめの【動画配信サービス】はこちらです!(サービス比較表付き)
2020年のプロ野球が、6月19日に開幕しました。 何とか無事に開幕しましたね! ただ、当面、 無観客で試合が行われることとなりました。 球場に行けないならば、テレビで観戦すると良いかもしれませんが・・・年々、地上波...

ご参考になれば幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました