2月4日の巨人【1軍-ファーム(2,3軍)】紅白戦では、ファームが大奮闘! 7対1で勝利です!

2月4日、宮崎では、

巨人【1軍ーファーム(2,3軍)】の試合がありました!

いや〜、ワクワクしましたねぇ。

事前に発表されていたとおり、本日のスタメンは次のとおりです(敬称略)。

【1軍チーム】

1 二 吉川尚
2 遊 黒田
3 中 重信
4 左 石川
5 一 北村
6 三 若林
7 右 加藤
8 捕 岸田
9 指 山本

ピッチャーは、高橋、戸郷、畠、鍬原、与那原、古川、高田

 

【ファーム(2,3軍)チーム】

1 二 湯浅
2 遊 増田大
3 指 増田陸
4 左 モタ
5 一 松井
6 三 吉川大
7 中 立岡
8 捕 田中貴
9 右 笠井

ピッチャーは、横川、直江、山川、高井、平井、沼田、大江

 

まずは結果から。

ファーム・チームが大奮闘しました!

7イニング制で、7対1でファーム・チームが勝利です!

 

選手の状態をしっかりと見れたわけではないため、結果中心に目立っていた選手を挙げてみると。。

 

まず、ファーム・チームでは。

 

投手陣では、山川和大投手大江竜聖投手が良かったですねぇ。1イニングをぴしゃりと抑えました。

山川和大投手は、昨年5月にジャイアンツ球場で試合を観た際、147キロくらいの速い球を投げていましたし、東京ドームの1軍練習にも呼ばれたことがあります(選手登録の候補だったのでしょう)ので、今年が勝負でしょう。

大江竜聖投手は、昨年の今ころ絶好調で、シーズンに入って調子を落とし、ずっと不調が続いていましたので。。。シーズンオフにトレーニングを積んだことでしょうし、またキャンプでファーム振り分けとなったことで奮起した部分もあることでしょう。

そして、高井俊、沼田翔平、平井快青投手もそれぞれ1被安打もしくは1与四球と、次に繋げられる投球ではないでしょうか。

また、打撃面では。

笠井駿選手が3安打しました! 間違いなく、次回に繋がりますね。

また、立岡宗一郎選手が大当たりで、4打数3安打2打点でした。中堅の年齢になった立岡宗一郎選手はアピールが大切になりますので、本日の活躍は大きいでしょう。お

同じく中堅になろうとしている吉川大幾選手もタイムリーヒットを放って2打点上げており、幸先の良いスタートと言えますね。可哀想なことに、最後にデッドボールを食らっていましたが・・・

4番に座ったモタ選手も、1安打のみとは言え、タイムリーヒットを放って2打点の活躍でした。

そして、途中出場の村上海斗選手も2打数2安打と躍動しました。何でも、阿部監督から打撃時に軸足を使うよう言われて、以後S班の選手たちの様子を観察して研究したとか。何かを掴んだのだったら素晴らしいですね!

 

また、守備面も含めると。

増田大輝選手がショートで超ファインプレー(ダブルプレー)を見せて、先発の横川凱投手を助けました。送りバントを決めたり、ヒットを放ったりで、やはり増田大輝選手は1軍に必須の選手ではないでしょうか。

それから何と!新人の山瀬慎之介選手が途中から出場しました。若林晃弘選手に盗塁をされてしまいましたが・・・良い経験だったでしょうね。

 

一方で1軍チームは。

 

高橋優貴、戸郷翔征、古川侑利投手が、いずれも先頭打者にヒットを許すも、後続を断って無失点投球でした。ここら辺りの投手が順調なのは心強いですね。

一方で、期待の畠世周、高田萌生投手がちょっと心配な出来でした。

多分、まだ登坂機会はあるでしょうが、調子を上げないとヤバイかも。

打撃面では。

注目の吉川尚輝選手がヒットを放ちました。セカンドの守備についていますし、まずは一安心といったところでしょうか。

また、1軍でキャンプを送っている加藤脩平選手が、1安打放ち、1軍チームの唯一の1点を上げたのも朗報です。

そして、育成新人選手の平間隼人選手が途中出場でショートを守っています。打球は飛んでこなかったようですね。

 

他にも多くの見所があったのですけどね。書き切れません。

 

まあ、まだ1試合しただけなので、今後どうなっていくかはわかりませんが、、、間違いなくスタートダッシュをかけて目立った方が良いので、結果を出した選手はこのまま突っ走ってください!

最後に。

ある、注目の選手が出場していません。。。

山下航汰選手です。

昨年のウィンターリーグで足を負傷しましたが、今年に入って丸佳浩選手と自主トレしていましたので、てっきり体調は良いのかと思いましたが。

情報が少ないのですが、リハビリ組で見かけた、との話があるようです。

本人も忸怩たる思いでしょうね。

怪我ならば、焦らずに治して万全の状態で復帰してください。

怪我のクセだけは付けないようにして欲しいです。

以上です。

 

コメント